セルフ方式のいろいろ。


原付の免許を取ることを考えていますが、原付には、セルモーターのついている機種と
キックスタートのみの機種がいまだに生産されています。
セルモーター式のいいところは、エンジンをかけるのが簡単なところです。

キックのいいところはなれれば、簡単なことと、セルモーターと違い、
バッテリーの電力が弱くなっていてもエンジンがかけられるところです。

セルモーターは、セルフスターターとも呼ばれており、最近ではほとんどのバイクについていて、
キックスタートも合わせて使用できるのが、原付の基本形みたいな感じがします。
私の知り合いでは、沢田裕之 セルフスターターを使うバイクに乗っています。

彼は、バイクのほかにも車を所有していますが、こちらのエンジンの始動方法は、
ハイブリッド車なので、セルモーター以外にも駆動用モーターなどが利用されている場合があるそうです。

今国内で徐々に広がりつつあるのがセルフうどん店です。
讃岐うどん店独特の業態でしたが、大手企業が参入したことにより日本全国に広がりつつあります。
セルフ方式を採用している飲食店も増えてきています。

中でも、コーヒーショップなどはほとんどがセルフ方式を採用しています。
コーヒーショップでは、商品を選び、サイズを決め、サンドイッチやケーキなどの
軽食を選んだりしながら会計へ進んで受け取るという方法が一般的に広まっています。